ジェネクサス

Reason選ばれる理由

reason01

プログラムの自動生成による生産性の向上

多くの企業で「生産性の向上」が掲げられている昨今。GeneXusはシステム開発に必要な要件を定義するだけで、自動でデータベースを構築し、プログラムを生成することができます。
そのためエンジニアはコーディングに必要な工数を削減可能です。また、コーディング工程で発生するバグも抑えることができ、その工数を他の業務に回すことにより生産性の向上につながります。


reason02

開発コストの削減

GeneXusを使用することで、システムの構成に必要な技術習得の時間を大幅に削減できます。
それにより本来技術習得にかかる労力、費用のコストの削減にも繋がります。
さらに、GeneXusを使用して開発・保守を効率化することで、業務ロジックなど、重要な部分の開発に集中できます。


reason03

テクノロジーの変化への対応

GeneXusは、これまで常に最新のデータベースや言語に対応してきました。
ミドルウェアのバージョンアップやサポートエンド対応のために、システムをゼロからリプレイスする必要はありません。GeneXusが関連するソフトウェアの最新バージョンに対応し、業務システムをアップグレードすることができます。これにより構築したシステムをレガシー化させません。
GeneXusは、変化に対して迅速に対応できる柔軟性に自信があり、デジタルトランスフォーメーションも実現させます。


reason04

幅広いプラットフォームに対応

GeneXusはOSやAPサーバー、DBサーバー、開発言語といった様々なプラットフォームに適したアプリケーションを生成・維持することが可能です。
そのためプラットフォーム毎の開発者を調達あるいは教育する必要がなく、その分の工数や費用をよりよいシステム構築のために使用することができます。


reason05

要件定義の変更にも柔軟に対応

開発中に頻繁に発生する要件定義の変更にも、 GeneXusなら柔軟に対応することができます。
要件定義の追加・変更を実施すると、 GeneXusのナレッジベースが推論機能による影響分析を行い、アプリケーションとデータベースの再編成が自動で行われます。
システムの仕様変更が容易であり、短期間でのサービス提供も可能であるため、GeneXusは内製化にも最適な開発ツールです。


Contactまずはお気軽に
お問い合わせください

03-6303-9381

[営業時間] 9:00 〜 18:00(土日祝休み)

お問い合わせ